中島みゆき 歌旅劇場版2012年06月07日 15時59分05秒

歌旅3

 映画を見に行った時のPRで中島みゆきのコンサートの様子が映画として放映されることを知り、さてどうしようと思った。見てみたいな…と思いつつ、こうした劇場でのライブ的な映画はかつて17回見に行ったマイケル・ジャクソンの「This is it」があるくらいで、マイケル・ジャクソンのように見せるステージとは思えない中島みゆきのライブ映像だと拍子抜けするのではないかと思ったからである。

 しかし、何を隠そうもう何年前になるのだろうか、筆者は日本武道館での中島みゆきのコンサートに行ったことがある「前歴」を持っているゆえ、見たいという願望もあった。そして、ついにその願望に勝てず、前売り鑑賞券を購入し見てきた。平日の17時55分からという中途半端な時間帯でもあり、さすがに観客の数も少なかった。

 中島みゆきの曲は大量にあるゆえ、一時期カセットテープに録音し、聴いていた頃の曲なら知っているのだが、調べてみるとそれもせいぜい1986年くらいの曲までで、それ以降はほとんど知らない。そんな状況だから、前述した日本武道館でのコンサートも一体何年のことだったか、まったく記憶にない。

 ただ、鮮明に覚えているのは1986年11月に発売された「36.5°C」というアルバムに収録されている「HALF」という曲をスタートに歌い、この曲をご存知の方ならわかると思うが、結構盛り上がりのある曲で、どう考えても終盤に位置する曲で、筆者はその曲調からラストの曲に相応しいと思えるほどの曲である。その曲をオープニングで歌い、歌い終わった後に中島みゆきさんが、「これで終わりにしたら怒るでしょうね」と冗談を言ったのを覚えている。

 確かにラストソングに相応しい盛り上がりのある曲だから、恐らく当時そのコンサートを見に行った観衆は筆者と同様に思ったのではないかと思う。中島みゆきさん自身もそのようなコメントを言ったということは、あえてオープニングにもってきたことに対する彼女なりの独特の作戦だったのではないかと思える。

 さて、映画の話だが、上映された曲では2曲ほどしか知った曲はなかったのだが、素晴らしい映像だった。まずやはり劇場の超大画面で迫力があるし、何よりも一般家庭では絶対に不可能な大音量で曲が聴けるから、まさにコンサート会場で生で聴いているような迫力である。かつて日本武道館で見た時は、当然ながらかなり後ろの方の座席だったこともあり、中島みゆきさんも米粒くらいにか見えないから音量はともかく、その表情とかまったくわからなかったが、映画ではそれがしっかりとわかるという利点がある。

 中島みゆきさんの曲はゆったりしたものもあり、また結構ハードなものもあるが、それを、メリハリをつけてまったく違う歌い方をするが、その表情や動作での表現も映画の場合はよく見られたから、その意味ではさらに曲に対する感情までもが十分に感じられた。「ファイト!」などは身震いするほどのメリハリだった。上映された曲が、結構盛り上がりのある曲が多かったせいもあるが、その度にこれで終わっちゃうのかな?と何度か不安さえ感じた。最後の曲は「背広の下のロックンロール」という曲だそうだが、この曲の後、テロップが出たときにはあ~あ、終わっちゃった…と思った。

歌旅2

 そして、見ている途中、何度も思ったことが、「はてっ?中島みゆきさんて、一体いくつなんだ?」ということだった。少なくとも筆者(56歳)よりは上だとはわかっていたが、それにしては声の質も声量もほとんどかつてよく聴いていた頃と遜色ないから、つい年齢が気になった。調べてみると1952年生まれで60歳とのこと。このライブが2007年のものということは今から5年前で55歳時ということになるが、まったくそんな年齢を感じさせない歌声だった。そしてバンドのメンバーも筆者と同年代くらいの人が多く、何かその意味でも妙に親近感を覚えてしまった。

 それにしても長きに渡って一線で活躍し、まったく衰えを感じさせないアーテイストだとつくづく思った。ただ映像で見るのも、もちろんいいのだが、言葉を聞かせる歌が多いから、映像があるとついビジュアルに目が集中してしまう傾向があるかな、とも思えた。歌われている歌詞に衝撃があるアーティストだから、じっくり曲に集中できる方がいいのかも?とも思えた。

 ともかく十分に堪能できた2時間だった。唯一の不満と言えば、せっかく、前売り券をネット経由で購入したのだが、ほとんどその「恩恵」がなかったことである。この映画は2000円オンリーで、特に劇場で実施している割引やサービスからは対象外とのことだったので、前売り1700円で購入すれが300円お得…と思ったのだが、手数料・発券料という名目で各105円かかり合計210円上乗せとなり、1910円…つまり当日劇場窓口で購入するより90円お得…というだけであった。まぁ、2000円払っても十分に納得の映画だったからいいのだが、その点だけがちょっと悔しい思いであった。鑑賞してから少々時間が経過してしまったが、ほんの感想として記した。

歌旅1