タイトルがものすごく長くて…?2012年03月12日 10時04分51秒

ものすごく01

 トム・ハンクスとサンドラ・ブロックが奇跡の共演…などというかなり大げさな宣伝文句があったように記憶しているが、それ以上にまず何とも変わったタイトルである。劇場で入場券を購入する時にタイトルをフルで言うことができず、「ものすごくを夫婦割で」と購入した始末だった。「ものすごく」だけで劇場のスタッフはもちろん理解してくれたが。

 正確なタイトルは「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」…そんなタイトルの表す通り、映画の展開そのものもちょっと変わった映画である。主人公の少年もどことなくちょっと普通ではない。もちろんそんな性格設定は父親を9.11のテロによって失ったということからは当たり前の設定なのかもしれないが。

 話はその少年が父親が残したメモと鍵から、そのナゾを解こうとする姿を描いていく。母親との感情のすれ違いがあったり、祖母の同居人が実は少年の祖父であり、少年のややこじれてしまっていた精神や感情がノーマルな状態に回復していく流れなのだが、そうした展開がまったく退屈する暇もなくじっくりと鑑賞できる。

ものすごく02

 タイトルの長さや表面的な内容説明のためなのか、あまり話題にならない印象の映画だが、結構名作と言える素晴らしい作品なのではないかと思った。少年がそれまで自分が訪ね歩いた多くに人たちに宛てて手紙を書き、それを朗読するシーンが終盤にあるが、その時のセリフで非常に印象深いものがあった。「やらないよりはやって失望する方がいい」…失望するということは非常に厳しいものである。その字の通り「望みを失う」ことだが、それすら何もしないことよりましだというのである。何もしないことはいかにショックを受けようが、それ以上にマイナスだと言うのである。これは非常に奥の深い言葉である。

 この映画を鑑賞する前日は、事情があり、睡眠時間が3時間ほどしか取れず、映画を見る上では少々悪条件下であった。ちょっとでも退屈すれば一気に睡魔に襲われる危険性があった。しかし、まったく睡魔に襲われることなく、最初から最後まで集中して鑑賞できた映画であった。

ものすごく03

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tomodachi.asablo.jp/blog/2012/03/12/6372865/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。